毎日がジャイアントステップス

ジャズドラマーの卵として、初心者目線ならではの記事がメインです。ジャズドラムの基本、ジャムセッション、ライブやお店レポ、Jazzyに感じた日常のことなど書いてます。

横浜馬車道でおすすめのライブスポット~上町63

みなとみらい線馬車道駅よりほど近く、JR関内駅からも歩いて5分ほどのところにある
上町(かんまち)63というライブバー。


先日、おすすめセッションで記事にした関内メグスタのほど近くにあります。
chigsajazzygiantsteps.hatenablog.com


今回初めて伺ったので、撮影は控えましたが(後日またレポートする機会があると思います、きっと)
静かにしっとりジャズを聴くには最適です。
お酒の種類も豊富で(ソフトドリンク、ノンアルビールもあります)、ほの暗い照明が何とも落ち着きます。
ドラムの背後には大きなフィリージョーのポスター。
ここで叩くと降ってくるかな?笑


Showcase


店内はそれほど広いスペースではありませんが
演奏者さんとの距離が近くて、それもなかなかの良さです。
今活躍する現役のプロミュージシャンと、美味しいお酒を交わしながら話ができる。
そんな機会が味わえるのはこういった地元のライブバーならではです。
そんな中では思いもよらない出会いも数知れず、そこに味をしめてしまったので、もう大ホールでは物足りない!


マスターの佐々木淳さんは、もの静かな方ですがきめ細かくてユーモアがあります。
1番大切なのは聴きに来てくれるリスナー客、その次にミュージシャン、その次に店の利益、というのが理念だそうです。
それをサラリとおっしゃるような、とてもスマートな人です。


出演ミュージシャンも、今をときめく一流どころばかり。
昨日私が観てきたのは、巨匠ピアニスト米田正義さんのピアノトリオ。

選曲の半分以上が米田さんのオリジナルでしたが、独特の世界観がたまらなく気持ちがいい。
喩えて言うなら、軽井沢の別荘のバルコニーにてシャトーブリアンを味わっている感覚。
森林浴みたいに癒されるサウンドの時もあれば、モンクばりな不思議系バップも。
とにかく米田さんにしか出せない音、リズム、世界観があり、どんどん引き込まれていきます。


ベーシストは今をときめく若手カイドーユタカさん。
繊細さのあるリフの中に時に激しいピチカートがはじける、観ても聴いても飽きないベースサウンドです。
ジャズベースって不思議なポジションです。
楽器が大きくて際立つけど、存在感は決して出過ぎない。


ドラムはこれまた、今をときめく売れっ子ドラマーの安藤信二さん。
安藤さんのドラムは大胆かつ繊細、ザ・男のドラムな豪快さがある一方で、ピアノやベースのリフを決して邪魔しない繊細さも。
ドラマーの卵として、こんなふうになりたいと憧れる要素があります。


なんだか言いたい放題書き記してしまいましたが、Sクラスのジャズミュージシャンが奏でる空間がここにはあります。
楽器演奏者の方、コアなリスナーさんのライブバー開拓には特におすすめ、少人数編成が多いので、じっくりプレイを聴くチャンスです。


上町63のホームページはこちら
http://jmsu.web.fc2.com/63/