毎日がジャイアントステップス

ジャズドラマーの卵として、初心者目線ならではの記事がメインです。ジャズドラムの基本、ジャムセッション、ライブやお店レポ、Jazzyに感じた日常のことなど書いてます。

週一のレッスン通いが私にとってすごいことではない理由とは

よく言われることの1つに「週一でレッスン行ってるの?すごいねー。」という内容がある。


もちろん、褒められているので素直に嬉しいし、その褒め言葉をありがたく受け取っている。
実際に、講師をしているベテランの方々からも、1人の生徒がレッスンに通う頻度は多くてもせいぜい月に3回程度までという話もよく聞く。
でも、なぜだか自分自身のそんな行いがすごいだなんて、まったく思えない。なんて言うか、そこ褒められると背中がくすぐったくて仕方がない。


今のお師匠の元で2017年2月より指導を受け始めてから1年と半年あまり、年末年始以外1週間に1度ほぼ欠かすことなく通い続けている。


私からすれば、始めた年齢が遅いからこそ数をこなさないと上達しないから、ただそれだけの理由だ。
小学生がピアノ教室に通う頻度が概ね週一、その上達度を前週比100とすれば、40過ぎの大人だったら50もいけばいいところ。
子供と違って色んな習得速度が鈍い上に、家事や仕事などやることもあるわけだから個人練習の時間も限られてくる。効率よくかつ数を増やすという管理能力も求められてくる。


それをするために私は比較的自己裁量の効くフリーライターと、シフトが選べて時間の短いコールセンターの派遣社員のダブルワークに仕事を変えた。
ライフワークにライスワークを合わせる、それができる環境にいるのはある意味恵まれてるけど、自分でどうにかしようと思えば出来なくもないのだ。
月謝という出費問題についても、自分に対する一生モノの投資だと考えたら高くない。もし家計を圧迫するなら、その分稼げばいいだけ。


なので私にとって週一レッスンというのは難しいことでもすごいことでもなんでもなく、出来ることをやっているだけ。そして、ジャズドラムが大好きだからやっているだけ。
でも好きなことをただしてるって、すごいことなのかな?未だに若干不思議だ。
だって、エルビンジョーンズが好きという理由だけで、へーすごいねー!て、ならないじゃん(笑)。


おっと!これは決してあなたのことをディスっているのではないので、その辺は誤解なくね。
冒頭でも書いたように、そのようにストイックに見られることは大変光栄なので。大切なことなので2度言ったからね!
あとは量に質が追いついてくるだけ(それが難しいけど)。その日が来たら、本当に私ってすごい、て思えるのかも…。


8月19日、私が生まれ、あの人が去っていった日

8月19日、私、誕生日にて44歳になりました。



誕生日と聞くと、歳を取ったとしてネガティブなイメージを持つ方は少なくありません。
でも私は未だにワクワクします。
だって、この世に生まれた日だから。
もしこの日がなければ、今の自分はいないかもしれない。
ものすごい確率で生まれてきたのだ。


と同時に、私の誕生日はある偉大なジャズミュージシャンの命日でもあった。
それがこの人


LIVE Sides


ジャズピアノの巨匠、シダー・ウォルトンが旅だった日だ。
鈴の音のようだとも表現されるクリアーでスキッとしたピアノが持ち味だ。
彼のバックでドラムを操るのは、推しドラマー四天王の1人、ビリーヒギンズ。


そこで考えた。
シダーに捧げよう。
下手なドラムだけど、きっと天国にとどいているはず。
そんな気持ちで、曲を演奏してみた。ビリーヒギンズになりきりながら。


以下の2曲、44歳の本気です。


youtu.be


youtu.be

一昨日、天国のモンクは何をしてたの?

お師匠様のライブ11回目@2019年
いやもう、今年7ヶ月の間に2桁てどんだけよ。

この日はいつも楽しみにしている塩川さんの4tetにて。



お馴染みの御三方に、今回のベーシストは都内、横浜、湘南をはじめ全国でも活躍する江上友彦さん。


江上さんはまだお若いですが毎日のように演奏、セッションホスト、ベース講師として多忙を極めています。
私がお気に入りで通っている藤沢インディアンサマーにて、ピアノの阿部さんとセッションホストをなさっています。
こちらのセッションはいつもたくさんの参加者がいて、毎回のように通う常連さんも少なくない大変人気なセッション。
毎月第1日曜日の夜にも関わらず、とても賑やかです。


江上さんはベースマンらしく、頭の回転が早くて雰囲気を掴みの名人、そしてユーモアがあって愛され男性、そんなお人柄がベースプレイにも現れているような、とても安心感あるリズムが持ち味。私もセッションで何度か演奏してますが、初心者にも合わせて下さるのですごく嬉しいです。



この日のセットリスト、曲目はなんと、10曲中8曲がセロニアス・モンク!「えー、次の曲はセロニアス・モンクさんの~」というMCで始まってました。
オープニングのBye-Yaはラテンボサノヴァみたいなリズムが心地よくて、ワインをそんなに飲まなくても充分でした。
モンクさん感謝デーと言わんばかりなので、この日は彼の何かの記念日なのか?と思いきや、残念、違いました。
でもきっと、天国の彼は今日も調子ハズレのピアノを奏でながら、激しく過ごしてるんだろなぁ。


残りの2曲はというと、塩川さんの故郷である秋田県の民謡が、ゴリゴリのジャズアレンジに生まれ変わり!
そして他には、私が無人島に持っていく曲である、フレディー・ハバードのテーマフォー・カリーム!
無理を言ってリクエストした曲で、どうしてもこのメンバーで聴きたかったという夢が叶いました。
自分が演奏するにはまだまだ難曲過ぎるけど、大好きなミュージシャンが演奏しているのを聴くのはもっといい!
特に、やはり最もリスペクトしているお師匠様のドラムでなんて、帰りに交通事故あっても後悔しないくらい、幸せな時間にいました。



次回は11月21日の金曜日の夜、同じメンバーです。
いつも言ってますが、本当に、1度も見ないのは大変勿体ない!新主流派やモード好きなら間違いないですよ!

2019年のちぐさはJRでパタリロを読む?どうしたんだいったい!

時々発作的にFacebookで叫ぶことがある。
2019年も後半を過ぎたある日の投稿。



え、え?!
JRでBL※注釈1※読むてあなた…。
まあパタリロは大好きですけど、そこじゃない。


パタリロ! (第1巻) (花とゆめCOMICS)


これは何かと言うと、2019年の間に、セッションやライブで出来るだけ演奏したい課題曲、または聴きたいと思う曲を5曲、頭文字をピックアップして語呂合わせしたもの。要は備忘録ということです。


で、ちぐさの2019年課題曲とは…。


J=Joy Spring
youtu.be


R=Recorda Me
youtu.be


B=Beatrice
youtu.be


L=Lady Bird
youtu.be


読む=Y=Yardbird Suite
youtu.be


今のちぐさにどこまでできるか?そんなものは分からないし未知数だ。
でも、無理だなんて思いたくない。だって、その思い込みで今までたくさんの機会を失ってきたから。


100人に伝えれば夢は叶う、というのを私は半ば本気で信じている。
だからこうして伝える。
たくさんの花を咲かせたいから。


※注釈1
BLとはBoys Loveの頭文字をとったもので、男同志の恋愛を描いた漫画や作品のこと。パタリロはその先駆け的存在と言われる。ちなみに私自身には同性愛の傾向はありません。もちろん、素敵な女性は大好きですけどね。

ジャズバーで音の森林浴してきた

お師匠様のライブ観戦10回目@2019年
7月13日、馬車道近くのライブバー上町(かんまち)63にて、ピアノトリオを聴きに行った。


この日は夜の予定が急にラッキーな変更した。この1週間は公私共にかなりハードで、タフな精神状態にあったのでまさに願ったり叶ったりなタイミングだった。



※自身で撮った動画よりスクショ


メンバーは以下の通り



そうです。昨年初めてここに来た時に見たピアノトリオとまったく同じメンバー。


米田さんのピアノは、この日もクリアーな音色で、夜のライブバーにいるのに森林浴をしている気分になった。
しかし、演奏されているのは決して癒し系なサウンドではなく、むしろモンクばりに個性的な内容。
なのに何だか癒されてしまう、魔法のような音のハーモニー。


そして、恒例の(?)「あの曲があんなことに?!」の1曲はマックザナイフでした。
この時だけは山からビーチに降りて、砂浜でそよ風に吹かれながら日光浴をしている感じ。
あ、やばい、海行きたくなった(笑)。



佐々木マスターのお気遣いにて、トリオのミュージシャンをパシャリ。
アフターは店内で少しワインを頂き、マスターからのためになるお話をたくさん伺い、ほろ酔い加減で家路に着きました。


来月は16日土曜日にあります。


あ、今回はちぐさの酒飲み自撮りはありません(てか別に要らないけど(笑))。

セッションレポート~AtoZスマイルな空間

2019年7月10日、お師匠様が主催するジャムセッションに参加してきました。



ホストメンバーはドラムにお師匠、ギターに東海林さん、そしてベース兼ピアノにトオイダイスケさん。
今回、トオイさんは初めましてでした。
ベーシストでありながらピアノも堪能という多彩なミュージシャン、以前からとても気になっていた存在だっただけに、お会いできてとても光栄でした。
セッション内で合わせましたが、ドラマーとしてはとっても頼れるリズム感で、私の方が乗っかっていました(それじゃあダメじゃん(笑))。




※山本マスター撮影


肝心の自身の演奏については…。レガートが改善されたとの言葉を頂き、嬉しく思いました。
ものの、やはり後で録音聴いてみると…。



……


飲み過ぎだぞオイ!!


はい、飲み過ぎてました(反省)。昼間のセッションではノンアルを貫けるのですが、夜はダメですね。しかも楽しい雰囲気なのでなおさら。
アルコールが入っても、できるだけいつも通りのリズムを刻めるようになりたいですね。プロの方はそこもすごい。



※山本マスター撮影


終了後、参加者も合わせて集合写真。
この日はいつもの仲間、先輩ミュージシャン、そして初めましてのミュージシャンの方まで。
演奏がメインとはいえ、終わってみてあー楽しかった、また行きたい、そう思えるのはひとえにセッションホストの方が素晴らしいから。
何をするかももちろんだけど、誰が主催しているのか、これほどまでに思い知ったことはありませんでした。


みんなが笑顔になれる場所、それがジャムセッション


3人のホストミュージシャンの方々、楽しい楽しい時間を、本当にありがとうございました。



※撮影Yukakoちゃん


昨日はズボン借りてないよー(*´艸`*)

ジャズドラムを始めてから克服したあるコンプレックスとは?

表情を作るあのパーツのこと。


コイツがダメだと欧米では「しつけがなってない」「モデルや女優には絶対になれない」と言われている。
健康上なこととしても、その部分に汚れが溜まりやすかったり、さらに肩こりやめまいと言った現代的なトラブルの一因としてもここ10年くらいのうちで一気に注目を集め始めた。


それまでは、その部分が見えることを恐れ、ひたすら隠す表情をしていた。


こういう感じに。一応、笑ってはいる。口角も上がっている。でも何かぎこちない。営業スマイルというか作り笑いというか、とにかくよそ行き過ぎる。


しかし、ある時から気にならなくなった。
そしたらこんな表情ができた。



そう、お分かりであろう。歯にずっとコンプレックスがあった。歯並びが悪く、どんなにホワイトニングをしても笑顔が台無しになってしまうと思っていた。
しかし、ジャズドラムを始めてからなぜかあまり気にならなくなった。
そう言えば、ライブの写真では歯を全開にしてたくさん笑っている。



自分でライブに出た時



お師匠のライブに行った日


楽しい時に歯が見えるのは、とても自然なことだと知った。
ジャズドラムをやる前までの私にも、もちろんそれなりに楽しいこと、嬉しいこともたくさんあった。
でも、どこかでブロックをかけていたのかもしれない。


私ももう43歳、来月には1つ歳を重ねいよいよmid40。
お肌や髪の変質はもちろん、ただでさえ元から低かった声のさらなる低音化も止まらない。
ドラムをやると特に感じる反射神経の衰えもいやというほど思い知るし、更年期が日に日に身近になっている。
そんな状態なので、歯列矯正なんて事実上不可能だ。


でも、これでいい。
いや、むしろこれがいい。
だって、今がとても楽しいんだもの。
毎日ジャズドラムのことばかり考えていられて、ドラムのために仕事や予定を合わせられる。こんな幸せって、他にあるのかな?



ようやく平均寿命の折り返し。
もちろん、そこまで生きられるかは分からない。
でもね、たとえ歯並びがガタガタでも、手足が無くなっても、内蔵のいくつかが無くなっても…。
私は、ずっとジャズドラムを叩き続けるんだ。