毎日がジャイアントステップス

ジャズドラマーの卵として、初心者目線ならではの記事がメインです。ジャズドラムの基本、ジャムセッション、ライブやお店レポ、Jazzyに感じた日常のことなど書いてます。

プロだって愛してるのさっ!

マチュアという言葉を雑に説明すると以下の通り。
音楽やスポーツが大好きでもはや生き甲斐。
実力云々で言えばプロの皆さんに引けを取りませんよ。
でもそれを職業にはしてないという意味だ。


もっと詳しい意味は、はい。Wikipedia先生にバトンタッチですね。
アマチュア - Wikipedia


ところが最近SNSで見たのだが、アマチュアという言葉の語源がラテン語の「愛する」から由来してるという。



私もアマチュアの1人として思うが、ミュージシャンの世界で言えば、アマチュアの人は心底楽しんで演奏をしている。
ジャムセッションでは積極的に交流するし、初対面の人でもすぐに仲良くなる。
演奏そのものも、間違ったってノープロブレム。
むしろ間違いをも楽しんでしまうくらい。
そう、アマチュアにとっての音楽は楽しみであり、愛なのだ。


じゃ、プロミュージシャンの場合は?と言うと、彼らはまさに自分の音楽で生活をしている。
傍から見れば、今流行りの好きを仕事にを地で行ってる。
しかしそればかりではない。
プロミュージシャンには、アマチュアミュージシャンが本業で抱えている悩みを音楽業の中で感じているのだ。
しかも大半の人がフリーランス、当然保障もほとんどなく自力で仕事を作るしかない。
愛だけでやって行くのは、結構厳しい。



どちらがいいか悪いかという議論は、私にはナンセンスだ。
どちらも大変の量も質も変わらない。
ただ、これだけは言える。


プロミュージシャンだって、音楽を愛してるのだ。
音楽が好きで、音楽と結婚し、そして音楽無しでは生きていけない。
日々ストイックに自分の好きを磨き、研究を重ねる姿勢は、それだけで尊いのだ。



大好き、万歳!