毎日がジャイアントステップス

ジャズドラマーの卵として、初心者目線ならではの記事がメインです。ジャズドラムの基本、ジャムセッション、ライブやお店レポ、Jazzyに感じた日常のことなど書いてます。

311、忘れてはいけない日

2011年3月11日14時46分、あの瞬間に、日本は戦後、いや日本という国が生まれてから最大級の大災害に見舞われた。


あの日、私たちはのんびり過ごしていた。
今でこそもうすぐ中学生になる息子と小学生中学年になる娘たちだが、当時はそれぞれ4歳と生後9ヶ月。
私自身も一ジャズファンだったもののドラムなどやってなかった、幼稚園に子供を通わせるごく普通の女性だった。


あの揺れが来た時、子供たちは昼寝中、私はそろそろおやつの準備でも、と思っていた矢先だった。
あ、地震だ、と割と冷静に構えていた次の瞬間に、棚のものが転げ落ち液晶テレビが波打っていた。
これはまずい!
慌てて寝ていた子供たちをたたき起こして、安全な場所に動いた。


その後のことは覚えているようで思い出せない。とにかく必死だった。テレビで東北地方の衝撃的な様子を見て、何が起こっていたのか、ぼーっと眺めるしかなかった。
こちらにも東京湾がある。
津波が起こりにくいとは言え、こんな激甚災害であれば何があるか分からない。
方や歩けない赤ちゃん、方や早く走れない幼児、どうやって逃げればいいのかそればかり考えていた。


東京で働いていた夫も、実に12時間かけて夜中に到着。その間ずっと恐怖と不安、しかし守るべきものがあるプレッシャーに押し潰され続けた。
その夜、夫が帰ってほっとした時、横になると天井がぐるぐる回り出した。
これまで経験した事のない目眩、後日、地震酔いの診断を受けた。あの日以来、目眩しやすい体質になった。


あの時ずっと心の中に流れていたこの曲。Standing Alone、まさにそんな感じだった。孤独に耐える、1人じゃないのに返って孤独感が強く思えた。
I Stand Alone (Lyric Video) - YouTube


1人1人の心の中に、あの日の記憶を忘れないで。